骨董品ランキングと買取や相場形成など

生活に余裕のある年代がお金を出すことで相場が作られる傾向

生活に余裕のある年代がお金を出すことで相場が作られる傾向 / 買取時には、購入した価格よりも高い値段で売れることさえあります / 新しい流れの中でも定番的な書画骨董は変わらない人気

骨董品は時代によってトレンドがあり、生活に余裕のある年代がお金を出すことで相場が作られる傾向にあります。
つまり富裕層や収入が上がってきた年代の人たちの価値観に左右されやすく、今までは安かった物が欲しい人が多くなり希少価値になるといきなり大きく相場が上がるという特徴があるのです。
これは心理的な側面で言えば子供の頃に欲しかったけれど買えなかった物や、青年期に欲しかったけれど当時の自分にはとても手が出なかった値段の物などを、それから10年以上の歳月が経過して、収入を得るようになってからあらためて購入すると言う心理的なサイクルになります。
骨董品の相場が形成されるのは、こうしたサイクルを経て市場が作られることが多いのです。
10年前や20年前の中古車が現在大きな値上がりをしており、とくにスポーツカーは当時の新車価格に迫り、場合によっては高くなることも珍しくはありません。
当時数百万円の車は買えなかった物の、収入が上がり貯蓄が出来て若い頃に憧れていた車やバイクを購入したいと言う考えになり、なるべく程度の良い物を購入しようとすれば希少価値を含めて大きな出費になります。
近年では排ガス規制や若者のスポーツカー離れなどが背景になり、各自動車メーカーも積極的にはスポーツカーを開発販売することはなく、特定の年代の車種が人気になり高騰していると言う図式があるのです。
さらに骨董的な価値を持っている、国産車の中で40年50年を経過したスポーツカーは、さらに価格が高く1000万円を超える物すらあるほどになります。
現在50歳から70歳などの人たちで車好きであり、趣味として楽しむ財産がある人はお金に糸目を付けずに購入して楽しんでいるのです。

ステンドグラス 傘のみ 電傘 吊り下げ 照明 ライト 装飾 アンティーク 直径約50cm
福岡県にてブランド品、骨董品、オーディオ機器、カメラ、その他なんでも買取を行ってます!
DMにて写真での無料買取査定も受付します!#福岡 #博多 #買取 #買い取り pic.twitter.com/LHm6Rv9Eq7

— ハウスリサイクル (@HouseRecycle) November 10, 2021

骨董品の買い取りランキング / 【2021年最新】美術品・骨董品の一括査定サイトを5社徹底比較